事務長/看護部長メッセージ

事務長 吉川

患者さんを断らず、治療が終わったその後も関わる

 

当院は急性期・回復期・地域包括ケアまで対応するケアミックス型病院として、シームレスな医療と介護を提供することで、両面から地域を支えたいと考えています。そのために、診療を断らないということを大切にしています。救急患者さんに対しては、先生が全てを診るということではなく、一度患者さんを受け入れて病状を診て、対応が難しい場合は高度医療機関に紹介しています。また、患者さんの早期在宅復帰に向けた支援として、訪問診療やリハビリに力を入れています。リハビリ部門ではセラピストが約50名在籍し、リハビリ病棟やリハ室といった設備も充実しています。

急性期の治療からリハビリ、在宅復帰、在宅への訪問診療や施設入所の際のフォローなど、トータルで患者さんに関わり診ることができます。患者さんのその後が見える、ということが当院の魅力のひとつでしょうか。療養型病院で働くにはもう少し急性期に携わりたいと考えている先生には最適な環境です。そして、周辺ではマンションの新規建設が増え、若い世代がどんどん流入してきていますので、幅広い世代に必要な医療の提供が求められています。先生の専門分野を活かしながら、コモンディジーズにも対応していただける先生にも活躍いただける場があります。

患者さんに寄り添う、優しい医療を

 

当院は「地域に優しい医療を提供したい」と考えて、今年の病院目標として「優しい病院」を目指しています。患者さんの立場に寄り添って社会背景まで含めて診てくださるような、コ・メディカルスタッフに対しても優しい先生に来ていただきたいです。

院長は話しやすくて、優しい方です。院長自ら目標を実践されていて、人の悪口は絶対に言いません。厳しいところもありますが、いったん人に任せたら口を出すようなこともなく、任せた責任は自分が取るというスタンスを持っています。常勤の先生方は、現在10名ほど在籍されていますが、年齢の幅も広く、大学医局派遣ではないですから学閥や偏りもありません。それぞれのご専門を活かしながら協力し合って診療されていますし、仕事のオン・オフをきっちりと切り替えて、プライベートの時間も大切にされています。

先生に来ていただくことが地域医療を支えることに直結します。年齢制限はありませんので、優しく誠実に診療していただける先生をお待ちしています。一緒に、地域に向けて水無瀬病院のことを伝え、発信していきませんか。

 

 

看護部長 宮垣

地域とのチーム医療を実践し、島本町をモデルケースに

 

地域の方からのご要望にお応えして設立された病院ですので、地域に必要とされる医療を提供していくことが病院の使命だと思っています。そのため当院が提供する医療は多岐にわたり、産婦人科・小児科・耳鼻科・歯科以外の全ての診療科を標榜していますから、大変煩雑ですが学ぶことも数多くあります。

例えば、当院では院内の「チーム医療」と、地域包括ケアを念頭に置いた院外の「チーム医療」、どちらも推進しています。院内のコミュニケーションはもちろんですが、開業医の先生方ともコミュニケーションを取りながら連携していかなければ、地域のご高齢者を支えることはできないからです。当院がこれまで培ってきた知見を活かし、島本町を地域包括ケアシステムのモデルケースにしたいと考えていますので、地域医療に関心のある先生、地域に貢献したいという想いのある先生に来ていただきたいです。

コミュニケーションが活発で、意見を言える職場

 

院長は、信念や方向性がしっかりとありながら、気づきや助言などは素直に受け入れて方向転換されますので、とても尊敬しています。まだ若いですが、院長という責任をしっかりと受け止め、ひとりでは何事も進まないことを理解してみんなの意見を聞いています。意見が食い違っても、前向きに話を聞いてくれますので相談しやすいです。

コミュニケーションを大切にしていますからスタッフ同士の仲が良く、和気あいあいとした雰囲気で、患者さんもスタッフも全員が元気になれる、安心できる病院だと思っています。子育て中の看護師も多く、小さいお子さんのいらっしゃる医師も勤務されていますので、仕事と家庭を両立できる職場です。最近新しく来てくださった先生も、早く慣れるために病院のことを知ろうという気持ちを持ってくださっていますので、みんなで診療のサポートをしていければと考えています。


チーム医療や地域の中の医療者としてやりがいを感じていただける病院ですので、先生のお力を貸していただきたいと思います。ぜひ当院にお越しください。

 

院長からのメッセージはこちら

副院長からのメッセージはこちら

page top